「広告マンガ」を使われることが、増えてきました。
古くは進研ゼミの広告マンガから始まり、最近は特に
ランディングページ(LP)」
「サービスサイト」
「オウンドメディア」
などのWebマーケで使われます。

また、SNSでも
「Twitter広告」
「インスタ投稿・ストーリーズ」
「Facebookのカルーセル広告」
でもよく見ます。

展示会の資料をマンガにするケースも多く見受けられます。

しかし、相場がわからないというご相談も多いです。

※結論から言うと、一番安いのはクラウドソーシングでの依頼です。

クラウドソーシングは見積もりを出すと1ページ数千円から。
逆に高いところだと、企業に依頼して1ページ20万円なんてところも。
ざっくりとまとめてみました。

1.著名なマンガ家  :時価(作家次第:数十万〜百万円単位
2.出版社に依頼   :時価(作家次第:数十万〜百万円単位)
3.プロマンガ家   :20,000円〜100,000円 / 1ページ
4.マンガ家志望   :5,000円〜30,000円 / 1ページ
5.広告マンガ企業  :50,000円〜120,000円 / 1ページ
6.インフルエンサー :50,000円〜300,000円 / 1ページ
7.クラウドソーシング:5,000円〜30,000円 / 1ページ

※「マンガ制作のみ」で依頼した場合を想定
※上記以外に「取材費」が別途かかることもあります
※「冊子制作代金」や「LPプログラミング代金」が別途かかることがあります。

なんでこんなに違いがでるのでしょうか?この違いは

・クオリティ
・依頼側のディレクションの工数の増減
・バズらせる(拡散性)
・リスク管理(仕事途中で中止になってしまうリスクを自社でかかえるか)

・継続性(2作品以上の依頼の簡単さ)

などの要素で違いが出てきます。

安ければ、その分「トラブル」になることも多々あり。。。
マンガを依頼する側として、

・事前の情報収集
・自社で行いたい要件のすり合わせ

をきちんと行い、総合的に「損しない費用対効果を出せる広告マンガの制作」をしましょう。

今日は、そんなあなたのために「広告マンガの制作依頼相場やコストはいくらですか?」という説明をします。


 

広告マンガの依頼先を整理する!

いろんな依頼先がある・・・!?

まず、相場を話す前に依頼先を紹介します。ざっくりと分けて以下のとおりです。

1.圧倒的に有名なマンガ家に直接依頼する
2.出版社に依頼する
3.通常のプロマンガ家に依頼する
4.マンガ家志望の人に依頼する
5.広告マンガ企業に依頼する
6.インフルエンサーマンガ家に依頼する
7.クラウドソーシングで依頼する

たくさんありますね。それぞれにコストが変わってきます。
それぞれについて、概要を説明してきます


「1.有名マンガ家」へ依頼は難しい&「2.出版社」は高い

他社参考事例:

引用:もぎたてSTRONGの事件簿コラボサイト

たとえば、誰もが知っているマンガ家の先生など、超一流なマンガ家先生に依頼を直接することはかなり高額になります。
また、受けてくれるかどうかも「先生の忙しさ」と「商材が合うかどうか」でだいぶ変わります。
直接有名な先生につながって依頼することもなかなか難しいです。

通常、有名な先生に依頼する場合には「所属している出版社」に相談することが中心となります。

が、大体が連載をしている先生は、新規で広告マンガを受けている方はほぼいません。
(連載が忙しいから、しょうがないですね)

一般的には気軽に依頼できないと考えたほうが良いです。

広告代理店である、電通や博報堂などを通したプロモーションを見積もり依頼することで、そういったマンガ関係の部分が得意な担当者さんに当たると依頼できる可能性もあります。

それでも依頼したい場合には、各出版社の権利を管理している「ライツ課」に相談することがいいでしょう。

■集英社(少年ジャンプ / ヤングジャンプなど)

お問い合わせ→ https://www.shueisha.co.jp/inquiry/business/

コラボ事例→ https://adnavi.shueisha.co.jp/services/manga/

■講談社(少年マガジンなど)

お問い合わせ→ https://www.kodansha.co.jp/copyright.html

■小学館(少年サンデーなど)

お問い合わせ→ https://www.shopro.co.jp/license/questions/

他社参考事例:

引用:ねとらぼ「謎肉の正体は「大豆」!? 日清カップヌードル最大の秘密があっさり」

 

補足:マンガ家プロダクション法人なら、可能性あり!?

たとえば「課長島耕作」を描いている「ヒロカネプロダクション」や、北斗の拳の武論尊先生、ゴルゴ13の「さいとう・プロダクション」など、一部の先生は「法人化」しており、広告マンガの受付をしています。

■ゴルゴ13と外務省とのコラボマンガ

料金は相場より非常に高いです。
新規で作る場合だと、1ページ10万円以上など。
50万円以上かかるケースもあります。しかし、

 ・過去のマンガの原稿を使った対応(吹き出しの文字を変えて再利用)
 ・対談イベント
 ・キャラクターの一部利用

などであれば、もう少し安く利用できるケースもあります。

弊社でも対応可能なので、興味がある方はお問い合わせからご連絡くださいませ。


「3.通常のプロマンガ家」→探す/交渉が大変。「4.マンガ家志望」はプロマネが大変。

たとえば、作家さんがSNSでマンガの制作依頼を受けているケースがあります。

そういった方々は、大体「1ページいくら」というカタチで見積もりを受けてくれることが多いです。

ざっくりと、相場は2万円〜10万円 / 1ページの間が多いです。予算と相談しましょう。

・依頼したいサービスと親和性が高い
・モチベーション高く描いてくれる
・ビジネスリテラシーが高い

そんなマンガ家先生と会えると、いいマンガを作ってもらえます。

しかし、マンガ家の方は

 ・社会人経験がない、少ない人
 ・あまりビジネスに精通していない
 ・スケジュール管理や契約周りは得意ではない

方が多いことも事実。
スケジュールが間に合わない、要件定義で炎上など、トラブルも多いです。
先によくお話して、丁寧に進めましょう。

※マンガ家さんを探し場合はこちらの記事もご参照ください。


「5.広告マンガ企業」に依頼→カンタンだが、ちょっと値段があがる

広告マンガ企業というのは、意外と日本には多いです。

「広告 マンガ 依頼」などでググると、たくさんの企業が出てきます。

 ・3万円〜10万円 / 1ページ
 ・取材費
 ・2次利用料
 ・各種オプション対応で値段がプラス

というケースが多いですね。見積もり詳細を取りましょう。

企業毎に、所属作家さんが違います。
どんな作家さんが多いのか、よく確認しましょう。
※「自社のサービスをきちんと描いてもらえる作家がいるのかどうか」が非常に大事です。

※作家の得意不得意で、クオリティと納期、リテイクに付き合う自分の工数が変わってきます。
 マンガ家も人間です。
 「自分が経験したことがない領域をマンガ制作する」ことは、私達と同じで難しいです。

ただ、広告マンガ企業に依頼するメリットも複数あります。

1.広告マンガ企業内の多数のプロジェクト経験がある担当者がついてくれるので、プロジェクトのリスクが減ります
2.広告利用の方法についても提案してくれる可能性があります
3.万が一作家が急病などになっても、代わりの作家さんを提案してくれます
4.ビジネス理解をした上で提案してくれます

広告マンガ企業は、以下の企業などが有名なので、ぜひ見てみてください。

■1.イラストも強く、マンガ制作も強い「フーモア」さん


■2.ビジネス書籍のマンガ化などは日本一手掛けている「トレンド・プロ」さん


 

「6.インフルエンサーマンガ家」でバズりを狙う!

SNS、特にTwitterでは「バズる」ことを狙ったインフルエンサーマーケティングが流行っております。

そんな中、インフルエンサーかつマンガ家である「インフルエンサーマンガ家」さんに依頼するも可能です。

ただ、コストはお高め。

 ・10万円〜30万円 / 1ページ
 ・SNSでつぶやくなら1フォロワー x 1円〜3円

などのコストがかかることが多いです。

例えば4ページのマンガを作ってもらい、つぶやいてもらうと一発で100万円以上かかることも。
予算があるときに見積もり依頼しましょう。

そのかわり、バズるマンガを描くことにおいては圧倒的!
に to C向けのサービスや商品など「ユーザーとのタッチ数」が大事なKPIになる商品など相性がいいと思います。

インフルエンサーマンガ家が所属している企業は「wwwaap」社が非常に有名です。

■3.インフルエンサーマンガ家ならwwwaap社に。


「7.クラウドソーシングでマンガ家を探して依頼」は安いけど・・・

クラウドソーシングは、マンガ家を比較的見つけやすく、安いコストでできます。

しかし、安い分のリスクもあります。

 ・マンガ家スキルや経験が不足している
 ・ビジネスコミュニケーションが苦手
 ・(まれに)途中で消えてしまう(どろんしてしまう)

こともあります。

予算がない場合には良いかもしれません。
個人事業主として、マンガを作って欲しい場合には、検討しても良いかもです。
1,000円〜20,000円 / 1ページで依頼は可能です。

企業として依頼する場合には、自社に「クリエイターとの付き合いが得意なディレクションができるタイプ」の担当者がいる場合にはおすすめです。

クラウドワークスのHP公式に「依頼相場」が書いてあるので、ぜひみてみてください。


まとめ

値段についてつらつらと描いてみましたが、いかがでしたでしょうか?

「マンガって一冊500円だから、もっと安いと思っていた」

という人も多いかもしれません。
しかし、マンガの制作には多くの工数がかかっております。
映画の制作と似ており、

 企画のヒアリング
→シナリオ作成
→ラフ作成
→キャラ作成
→ネーム作成
→ペン入れ
→トーン対応 or カラー対応
→修正
→利用(印刷 / web掲載 / 広告出稿 etc…)

など、工程が多いのです。

参考:弊社の制作ステップ

依頼金額だけではなく、制作に付き合う「自社側の人件費コスト(プロジェクト管理コスト)」も検討時に計算にいれましょう。

PR:B to B・スタートアップ・ベンチャーだとまんがたりがおすすめ

弊社は上述の「5.広告マンガ企業」に当たります。

上記でご紹介の企業は、多くの作家を抱え(数百人〜1,000人超えているケースも!)制作事例も多数あります。

たくさんの広告マンガを作りたい場合には、非常におすすめです。

そんな中、弊社まんがたりは「B to B」「スタートアップ・ベンチャー」に特化した漫画製作を得意としています。

「伝えることが難しい」
「いいサービスだが、知ってもらうことに悩みがある」
「ちゃんと理解してマンガに描いてもらえるかが不安」

そんな場合には、まんがたりにぜひお気軽にご相談ください。

■弊社事例(マネーフォワード社(勤怠管理システム) / スマートキャンプ社(BtoBサービス紹介) / サイトビジット社(電子契約))