■実績サンプルのご紹介
プロボウラーによる「ボウリングを科学する」無料Q&Aサイトの紹介マンガを制作しました!

今回はプロボウラーの福岡三裕さんによる業界初の「ボウリングを科学するサロン」の紹介マンガを制作しました!

 

ボウリング業界初の試みで、プロボウラーによるアマチュアボウラーに向けた疑問解消サイトの広告マンガを案件としていただきました。

 

どの業界でも新規事業や新規サービスにおいて認知度拡大は重要になります。今回もそれに当てはまり、アマチュアボウラーへの認知拡大が目的でした。

 

新規サービスのリリース準備に向けた認知度拡大の施策として、マンガを制作していきました!

 

掴みが大事!読者にイメージを持ってもらうための冒頭ページ

 

 

まず冒頭で「そもそもどういった価値を提供しているのか」を、これから読み進めていくであろう読者に伝える必要があります。

 

「業界初!」「世界初!」というワードは強調しつつ、疑問文を通じてこのサイトの趣旨や方向性を示すことを意識しました。

この最初のページで

  • 無料のボウリングQ&Aサイト
  • ボウラーの悩みを応える
  • ストライクが取れない理由が分かりそう

といったイメージを読者に持ってもらうことで、その後のストーリーの流れをよりわかりやすく伝える意図があります。 

 

読んでほしい人に興味を持ってもらえる内容を簡潔にストーリー化

 

冒頭のページで興味を持ってくれた読者はそのままマンガを読み進めてくれるはずです。

ここで想定する読者は

  • アベレージが200以下
  • 40~60代のシニアボウラー
  • 男性中心

という設定です。この層に刺さるようなストーリー運びを意識しています。

 

具体的にはシニアボウラーの源さんが同時期に始めた主人公よりも上達が早く、その要因が「ボウリングホスピタル」という流れです。

 

 

上の図のように「サービス名」や「サービスの特徴」を太文字にしたり大きくしたりすることで、このマンガで最も伝えたいポイントを強調しています。

 

マンガは読者に情報をわかりやすく伝えることが出来ると同時に、ストーリーで読者に疑似体験を与えることが出来ます。

 

「自分も中々スコアが上達してないな」と感じていた読者がこのマンガを読んだ場合、大変興味深いと感じるはずです。なぜなら自分と同じような状況の人物が登場し、自分よりも上手そうな人が上手くなった要因を明かしているからです。

 

新規の商品やサービスの認知拡大に向けた「興味を持ってもらう」をマンガで

 

新規サービスや商品のリリース準備に向けては、潜在顧客に対して認知してもらうことが急務となります。そのためにも「興味を持ってもらう」から「詳細を読む」への導線設計が大切です。

 

今回で言えば、新規サービスである「ボウリングホスピタル」の詳細ページを読む前に、サービスそのものに興味を持ってもらうことが何よりも大事です。

 

その「まず興味を持ってもらう」をマンガのわかりやすく情報を伝え読者に疑似体験してもらえる特徴を活かして解決しました。

 

  • 新規サービスや新規商品のリリースを控えている
  • リリースしたものの上手く認知度拡大が出来ていない
  • 情報を届けたい潜在顧客に対してアプローチし切れていない

 

こんなお悩みがありましたら、まずはお気軽にご相談下さい。